いよいよ基礎コンクリート本体の打設です。
布基礎は断面が凸の字のような形になりますので、一回で上まで打ち上げることはできません。
なのでまずは下のベース部分から打設することになります。
しかも基本一人作業ですので、1日ですべて終わらせることはできません。
そうなるとどうしてのコンクリートの打ち継ぎができてしまいます。
できることならこの打ち継ぎは作らない方がいいものです。
(打ち継ぎとはしっかり固まったコンクリートの上または横につなげてコンクリートを打設した時にできる継ぎ目のことです。)

ベースコンクリートの場合横方向にコンクリートを打設していくことになり、
時間的に必ずどこかで一度止めなければならなくなります。
この時コンクリートを流しっぱなしで終えるとなだらかな傾斜のまま固まってしまいます。
これがよくありません。
次に打ち込むコンクリートに薄い部分ができてしまい、これが割れの原因になりかねません。
そこでコンクリートの打ち終わりの部分に板で土留めを作ってきっちり垂直で固め終わるようにしました。
これなら打ち継ぎ面積も少なく、コンクリートは均一の厚さを保てます。


ところで、コンクリートの打設では通常型枠を作ってその中に生コンを流し込むのが一般的ですが、
わが家の基礎ベースについては土の土手をそのまま利用して型枠は作らずに打設しました。
法律的に特に問題ないようなので建築士さんと相談の上そのようにしました。
型枠の材料代と型枠の解体の手間が省けます。

ちなみにコンクリートの強度は21N 粗骨材は20mmの空練りコンクリートを使用し、
一部分だけコンクリートミキサー車から生コンを直接流し込みました。

打設後は乾燥に注意です。
特に夏場の直射日光は大敵です。みるみる乾燥硬化していきます。
急激な乾燥と硬化はひび割れを起こしますので、できればシートで覆って日差しを避けるのがいいのですが、鉄筋の立ち上がっているところにシートをかけるのは難しかったので私は日に何度も散水することにしました。 
たっぷりの湿気とゆっくりの硬化が質の良いコンクリートを作るためのポイントです。