今までいろんな建材についてどれにしようかかなり迷って決めてきましたが、
透湿防水シートだけは迷わず「デュポン タイベック ハウスラップ」にしました。
一択です。比較しておりません。



タイベックというのは米国デュポン社が開発した特殊繊維素材です。
この素材でできたつなぎ(作業着)が福島の原発事故後の作業で使われていました。

旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社のウェブサイトには

タイベックの4つの特性について
「軽く」「水に強く」「強度があり」「通気する」と書かれています。

以前に仕事でタイベックの作業着を使用しており、
その良さを知っていたこともあり、これに決めました。

他社製品と比べていませんので他は全くわかりません。 

ただ、透湿防水シートについて色々調べてみますと、紫外線と熱による劣化について性能実験を載せているのはタイベックだけのようです。
当サイトのFAQには
「紫外線と熱による影響を極力抑える施工が好ましい、、」 とあります。
ちなみにハウスラップには紫外線劣化防止剤が使われているのだそうです。
 
わが家の工事では 一つ一つの作業に時間がかかることはわかっていましたから
透湿防水シートの紫外線劣化についてはかなり神経を使いました。

ハウスラップの施工は
冬場ほとんど日当たりのない北面と西面を先に取り掛かり最後に南面を施工することで
直射日光が当たる時間をなるべく短くするように努めました。
その後の工程(ハウスラップを覆う外装)も、一番日当たりのいい場所から施工しました。 

 専門家ではありませんので、あまりいい加減なことは言えませんが、
でも結局透湿防水シートは 「デュポン タイベック ハウスラップ」にしておけば間違い無いんじゃないかと思います。

あ!そういえばハウスラップには
ハードタイプとソフトタイプの2種類ありますが、基本的な性能は変わりないようです。
気になる方はこちらでご確認ください。
デュポン タイベックとは