自分でわが家を作るということ

                      Self-build(セルフビルド)というもうひとつの選択                      目指すは自然素材で作る天然住宅

見積もり

給排水設備工事費用を安くする正当な方法

給排水工事の見積もり額は前回記事で書いたようなエピソードを繰り返し
以下のように推移しました。

1回目 約84万円
2回目 約64万円
3回目 約70万円 決定

安くなった理由
その1
まず、必要のない外部水栓を削除
もともと家があったすぐ横の車庫を改築して仮住まいとしておりますので
上水道は解体した家への配管を途中で切ってそこから分岐させて使っているわけで、
外部の水栓は撤去せずそのまま残して使っています。
すでにあるのにさらに増やす意味がないし、
そもそも外部水栓は最初からお願いしてなかったのに見積もりに入ってました。
これで外部水栓の器具と配管等の費用がなくなりました。

その2
既設のものを使う
今回の見積もりで意外だったのが、
給水工事より排水工事のが3倍ほど高いということです。
排水に使う塩ビ管などは安いものなのに、その設置費用で高くなるようです。
さらに雨水の排水も工事に含まれますからメーター数も多くなって見積もり額に加算されます。
私の家の場合、もともとあった家の雨水配管が当然埋設されていまして撤去しておりませんのでそのまま使えます。
雨水配管を新しく入れ替えようと思うと長い距離を掘削して石垣崩して積み直して、、と大変な工事となります。
設備屋さんはそこのところを全く把握してないようでした。
家の角4ヶ所の雨水排水の方法を実際に現場で確認、
既設の排水管を使うということで配管のメーター数が激減しました。

上記のように設備屋さんは見積もりの際に現場をしっかりと確認しておりません。
よって出される見積もりは実際に工事が始まってから出てくるかもしれない問題の対策費的に高く見積もられているように感じます。
また見積もり依頼をする際に当然建築図面を渡すわけですが、
家の間取りや大きさは確認できても家の敷地全体の大きさや道路の側溝までの距離などは建築図面では確認できません。
このあたりはかなり大雑把にそして長めに配管メーター数を計上しているようです。

このように、給排水設備工事の見積もりは

かもしれない見積もり」になっているように思います。

こうなるかもしれないから、これも見積もりに含めて、
ああなるかもしれないから、あれも見積もりに含めて、
そうなるかもしれないから、それも、、、、、、って

まあそうは言っても
電気やガスと違って水道管接続しても水道料金は自治体に入ってしまいますからね。
工事が終われば工事代金回収してそれで終わり、
工事単価を上げたくなる気持ちもわからなくもない。



以上のことから私がお勧めする給排水設備工事費を安くする正当な方法は

(1)工事別、部材別に個々の単価がわかる詳細な見積もりを取る。
(2)ひとつの業者から高い見積もりと安い見積もりの2通りの見積もりを取る。
(3)設備屋の担当者に工事現場を詳細に確認させる。

(1)と(2)については複数の業者から相見積もりが取れれば一番いいのですが、
以前の記事「給排水設備工事は割高な気がするのだが」で書いたように
相見積もりを嫌がる業者もいますからそんな場合にはこの方法で十分です。
金額の高いのと安いので1項目づつしっかりと見比べてみると必要なものと必要でないもの、
余分に付け加えられているもの、などが見えてきます。
理解できない専門用語については直接設備屋さんに聞いてみるのが一番です。
「これなんですか?」と尋ねて、言いにくそうにしていたらそれは必要ないものかもしれません。

(3)については前提条件として施主本人が自分の土地の状況とこれから建てる家の間取りや構造をしっかり把握しておくことが重要です。できれば配管の経路や接続方法など「こうしてほしい」という要望をしっかり持っておいた方がいいでしょう。
要望しなければ、そこまでしなくてもいいだろうというくらい十分すぎる設備になる可能性があります。
配管のメーター数は実際に現場で測ればいいだけです。見積もりよりも必ず短くなります。


方法論はだいたいこんなところです。
ご理解いただけたでしょうか?
参考にしていただける方がいましたら幸いです。



<追記>
今回記事においての見解は私個人の印象にすぎません。
日本の給排水設備工事業者すべてがこのようなものではないと思います。
真摯に誠実に取り組んでおられる工事業者の方々もきっとおられます。
この記事を読んで気分を害された方がおられましたら、心よりお詫びいたします。
申し訳ありません。

 

給排水設備工事の見積もりに翻弄される

前回記事で書きましたように、
給排水設備の工事費用は割高な気がしておりまして 
あの後「もうすこし安くできませんか?」と設備屋さんにお願いして見積もりを出し直してもらいました。
「どのくらい安く?」と聞かれたので「20万円」と。
正直20万円は吹っかけすぎたかな?とは思いましたが、当初の予想がそのくらいだったのでそのまま伝えました。

結果

なんと

20万円安い見積もりが来ました。
給水工法と一部の部材を変更したとのことでした。

できるんかい! と思ったのもつかの間、見積もり書の詳細をよく確認したところ
なんとも言われぬ、、、、違和感

最初にもらった高い金額の方の見積もりとひとつひとつ照らし合わせてみると
個々の単価は安くなってはいるもののメーター数が増えていたり
安くなっている感じがしない    

なぜ????      。。。。。トイレがない

安い見積もりの方にはトイレの便器便座一式が抜け落ちてました。
そりゃ〜安くなりますよね。
トイレがなくなってるんだから。

どうも意図的にやったわけではなさそうなのですが、
あまりに杜撰というか、おっちょこちょいにもほどがある!
消費税が5%で計上されていたのにはもう笑うしかありませんでした。

会社名は出しませんが、市内の設備屋としてはかなり大手です。

時期的にもう他を探す猶予はなかったので
とことんこの設備屋と付き合うと覚悟を決めてもう一度見積もりの見直しをお願いしました。

設備屋の担当者は電話だけで話を済ませようとしましたが
現場をよく見て欲しかったので来てもらうことにしました。

1回目と2回目の見積もり書を比較して
最新の工法と部材からランクを落としても見積もり価格に大きな違いがないのであれば
1回目の高い方の見積もりの方がいいに決まっているわけで、
ですから、1回目の高い方の見積もり書をもとにして再度現場で状況を確認して見積もりのやり直しをお願いすることになりました。

結果出てきた見積もりが
なんと!2回目の安い方の見積もり書をもとに算出されているではありませんか。

。。。。また、、、やり直し と ほ ほ

しかも

。。。。1回目の見積もり書がないのでコピーさせて欲しい(設備屋担当者談)
もう面倒なので私が自分でコピーして会社まで持って行きました。


ここまでくると
。。。。自分で見積もり書いた方が早いんじゃないかと思い始めました。




いったい。。。。。俺は何やってんだ?



と、いろいろ紆余曲折ありながらも


結果、やっと納得のいく見積もりが出ました。

そして、今回学んだことは多い。  次回記事で。


 

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村

給排水設備工事は割高な気がするのだが

いよいよわが家の新築本工事を目前に控え
何かと段取りと打ち合わせに追われる毎日を過ごしております。

そんな中いろんな方々に見積もり依頼をしましたが、、、

給排水設備工事の見積もりの高さに辟易としています。
ちなみにだいたい70万円くらいです。
シンクの蛇口やお風呂のシャワーなどの水栓金具は含まれておりません。
給湯器はガス屋さんにお願いしてますので別で。
延べ床100㎡以下の平屋建で排水は一部既設の升を使用。
給水はサヤ菅ヘッダー工法。 

ネットの口コミなどでいろいろ調べてみましたが、どこもこのくらいが相場のようですね。
それにしても相場自体が高過ぎる気がします。
「排水管の埋設くらい自分でやりたいのですが、、」と設備屋さんに言うと
それはできないそうです。

給排水設備工事は自治体指定の工事店でしかできません。
配管図面を役所に提出して確認申請をして後々問題が発生しても責任取れません的なことを言われました。
毎度のことながら世の中の決まりごとにがんじがらめで融通の利かなさにがっかりしています。


以前に仮住まいの給排水の配管を私が自分でやってしまったこと記事にしました。
ですのでどのくらいの労力と費用がかかりそうなのかはだいたい体験的にわかります。
また、業種が違いますが私自身仕事上見積もりを出すことがあります。
そういった意味で給排水設備工事はあまりに高額な気がします。

他の業者に頼んだらどうかと思い、
相見積もりを取ろうと別の設備屋さんに問い合わせメールを送ったところ
「弊社との付き合いのない建築会社の場合、打ち合わせを頻繁に行わないといけないため打ち合わせ費を追加しないといけません。
セカンドオピニオンとしてのお見積もりをお考えであれば、上記の打ち合わせ費等を考えますと高くなる可能性があります。」
かなり長いメールでしたので一部抜粋しましたが、原文通りです。

詳しい状況は省略してほぼ「ーーーーー。見積もりをお願いできませんか?ーーーー。」だけの私の問い合わせメールに対してこの返答。

結局、「一見さんお断り」なのでしょう。

私的には相性の悪い業界のようです。

頭が痛い。


楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ