自分でわが家を作るということ

                      Self-build(セルフビルド)というもうひとつの選択                      目指すは自然素材で作る天然住宅

外壁/木工事

外窓の鴨居と敷居

前回のつづき

わが家の壁厚は
柱120mm+下地板12mm+胴縁16mm+炭化コルクボード20mm+NHL6mm
=174mm
になります。

この壁厚の室内側から室外に少しはみ出すくらいまでを1枚板で取り付けるには
6寸(約180mm)か7寸(約210mm)の幅の板が必要でした。
鴨敷居には外部の端に水切り用の溝加工をしたかったので30mmほどの余裕のある7寸幅に決めました。

材木屋さんに相談したところ7寸ほどの幅広材は通常在庫ではないということなので、
特別に仕入れてもらいました。
木材の種類は何を使ったらいいのかよくわからないので、困った時はヒノキ!
ヒノキにしておけば多分大丈夫だろうという安易な感じです。
外部に面する多少なりとも雨がかかりそうなところや、湿気が多そうなところはヒノキを使ってます。

鴨居と敷居を取り付けた時に外部にはみ出す部分の上部に少し傾斜をつけて水が流れやすくしました。
また、その下面に5mm幅で深さ5mmほどの溝を掘り水切りにしました。
経年による壁の汚れで目立つのは窓から壁に伝わった雨だれの跡だと思いますので、水切りは必須です。

取り付けについては
事前に柱の取り付け位置に9〜12mmほどの刻みを入れてそこに差し込むようにしました。
これがなかなか難しく、なるべくきつく叩き込むくらいにしたかったのですが、
一発では決まりませんね。

鴨敷居の方が1〜2mmくらい長すぎたりすると、その1〜2mmくらいを削るのが一番厄介でした。
丸ノコで薄〜く削るって難しいんです。直角に平らに歪みなく。
手鋸だと刃が逃げて斜めに切れてしまいます。
木工用のサンドペーパーをつけてグラインダーで削ってみましたが、
100mm径のグラインダーでまっすぐ削るのは至難の技です。

やはり一番いいのはカンナだと思うのですが、
ヒノキの小口を綺麗に削るための、、、技術が、、、私には、、、ない!残念。

鴨敷居を取り付けたら次は左右の縦枠ですが、これは30mm厚180mm幅 のヒノキにしました。

ここでは「木殺し」というプロ技を試してみました。
鴨敷居の取り付け位置を金槌で叩いて木の繊維をつぶしておくと
縦枠を取り付けた後木の繊維が元に戻ろうとしてぴったり隙間なく収まります。 

、、、と口では簡単に言えますが、やってみるとこれもなかなかの高等テクニックです。
思うようにはいきませんね。 

まあ結局のところ、なんとかだましだまし取り付け完了しました。 



次回はオスモについて
 

窓の位置や大きさは建てる前に決めないとダメなの?

何度も言ってきたと思いますが、
私は建築素人なので、通常どういう方法/手順で木工事を進めていくのかよくわかりません。



ちょっと前にご紹介した動画で間柱材で窓の位置を決め
その後に



今回取り付けた鴨居と敷居についても
「なんでそんなやり方するの?」「手間かかってしょうがない」と言われそうです。 
と言いますか、実際に本職の方々に言われました。

でもですね。
どう考えても、こうするしかないんです。

土台や柱、梁などの構造材の刻み加工をお願いした大工さんは建てる前に外窓の位置を刻んでおくのが通常のようで、
何度も「窓はどうするんだ」「窓はどうするんだ」と聞かれました。
その度に「窓の位置/大きさ、先に決めとかないとダメですか?」
 と、こんな会話が繰り返されました。

(補足:ここでいう窓の位置というのは床からの高さや幅、縦の長さのことで、図面上部屋ごとに窓の取り付け場所は既に決めています。)

窓はじっくり考えて決めたいのになぁ〜
度重なるプレッシャーに耐え、はぐらかしながら、結局、窓の位置は決めませんでした。 

結論から言って窓位置/大きさを決めなくても大丈夫でした。


大工さんがなんでそんなに窓の心配をするのかというのは
たぶん、雨で柱などを濡らしたくないという理由からだと思います。
濡れるとシミになりますからね。
せっかく綺麗にカンナをかけた柱がシミになっては、、、、と思うのも当然です。

雨風の影響を防ぐために普通の建築工事ではできるだけ早く屋根と壁で覆ってしまうようです。
もちろん窓の取り付けもその一つです。

ですが、私は基本一人作業です。
そんなに早くできません。
確かに今まで何度も風雨にさらされましたが、そんなに深刻な状態にはなっておりません。


話を本題に戻しまして、
私がなぜ「窓」を決められなかったかと言いますと
1、実際に建ててみないと日光の入り方や使い勝手、見栄えがわからない。
2、予算の都合で既製品のサッシを使おうか、木製窓を手作りしようか迷っていた。
という2つの理由からです。
もうちょっと他にも理由があったような気がしますが、忘れてしまいました(笑

窓の位置決めは相当悩みましたが、悩み尽くした感があり、
事前に決めなくてよかったと今でも思ってます。


、、、が、大工さんには嫌われる覚悟がいりますね(笑


次回は「鴨居と敷居」の取り付けについて
私が気づいた注意点などを書いてみようと思います。
 

外壁の下地板を斜めに貼ってみた

外壁の最終的な仕上げは漆喰系の材料での塗り壁になるのですが、
そのための下地を作っていかなければなりません。

その第一段階として野地板と呼ばれる板を貼っていきます。
12mm厚で幅は105mmと135mm、長さが1820mmの杉材を使用しました。
一坪分が1束になっていて2000円くらい。

通常、壁の下地板は横方向に水平に貼っていくものですが、
「斜めに貼ったほうが家の強度は上がるんじゃないか?」と思い
せっかくなのでやってみることにしました。
こういうことも自分で自分の家を作っているからできることですね。



斜めに板を貼っていくと角を斜めにカットしなければならないため
どうしても端材が余計に出てしまいます。
できるだけ材料を無駄にしないようにと
最初は柱と柱の間で野地板の長さをいっぱいに使っていましたが、
こうすると角をカットする角度が場所によって変わってしまって
その都度角度を合わせる手間が余計にかかってしまいます。
それがわかってからは斜めカットの角度は全て45度に統一しました。
この方が断然効率が良かったです。
端材も出ますが、細かな部分に使うことでできるだけ無駄なく使うようにしました。

板を貼っていく上でちょっと気をつけてみようと思ったことがあります。
それが木の「裏表」と「末元」です。
「木は山で立っていた時と同じ状態で使う方がいい」と言われています。
そのためには木材の裏表と末元を判別する必要があります。

木材の裏表を大工さんは「木裏」「木表」と呼んでいます。
木の外側(皮)に近い方が表、中心に近い方が裏になります。
板の裏表は小口の年輪を見れば簡単に判別できますので特に問題ありません。

それに対して材木の「末元」を見分けるのが結構難しいのです。
樹木として立っていた時の上の方が「末口」で根っこの方が「元口」と言います。
元の方が赤みが多く末にいくほど白くなるとか
板面の木目が山の形になっていれば尖っている方が末だとか。
枝は木の上の方にあるから節が少ない方が元だとか。
大工さんに聞いてみたところ一番簡単なのが節を見ることだそうです。
節にも年輪がありますからその中心が円周に寄っている方が「末口」、
年輪が広がっている方が「元口」。
私の使っている材料はほとんど節ありなので問題ないですが、
節なしの良い材料だとこの方法は使えません。
中にはどうしても末元の判別のつかないものも出てきますね。
そういう時は、、、諦めました。
そもそも壁の下地板でそこまでこだわる必要もないように思いますが、
勉強のためちょっと気にしながらの作業でした。

今回この作業ではエアコンプレッサーによる釘打ち機を使いました。
非常に便利です。
これがなかったら、、、、どれだけ時間がかかっていたことか。。。
釘打ち機用の釘は細い針金で連結されていて打ち込むたびにその連結が切れていくので、
その切れた針金部分がちょうど釣り針の返しのような状態になって打ち込んだ後抜けにくくなるようです。
杉板のような釘の効きにくい材料にはちょうどいいですね。

 

間柱を取り付ける

やっと木工事らしくなってきました。
柱と柱の間の柱「間柱(まばしら)」の取り付けです。 
幅75mm 厚さが30mmの杉材です。
これがないと外壁の下地板を張ることができません。 



窓の取り付け位置には柱に数mmの削り込みを入れておきました。
後日、鴨居と敷居をはめ込むことになります。 

窓の位置決めはかなり悩みました。
どのくらいの高さにしたら使いやすいか。
どのくらいの大きさが適当か。
市販品のサッシの大きさを参考にしながら決めていきましたが、
サッシを使う場合は窓寸法プラス数cm大きめに枠の位置決めをしないと
後ではまらなくなってしまうようです。

アルミサッシマーケットのこちらのサイズ表を参考にしました。
>> https://www.al-sash.com/size/


上棟を終え感慨にひたる

「上棟」「建前」「建舞」「棟上げ」 
 地方によっていろいろ呼び名があるようですが、私の暮らす地域では「建前」と呼んでいます。
土台、柱、梁、桁、小屋組みなどの家の基本となる構造材を組み上げる最も重要な作業です。
こればっかりは素人が手を出すと後々危険かと思い材料の刻みから上棟までプロにお任せしました。 
前日に土台だけ基礎コンクリート上に設置してあります。 



わが家のこだわりポイントの一つ
「大黒柱は丸太を使う」
桧の丸太です。
近頃の家は大黒柱と呼べる柱がなくなってしまっているように感じますが、
家の中心となって支える太い柱があるとなんだか良くないですか?
心のよりどころのような安心感があります。

他の柱は4寸(約12cm)角を使ってます。
昔の家は3寸5分(10.5cm)を使ってましたが、最近では4寸角が主流のようですね。

木材の接合部分(仕口)は全て大工さんの手刻みです。
法律で決められたところにはボルトも使っています。


この上棟作業は1日で屋根の垂木まで打ってしまうのが当たり前で、
うまくいけば屋根の防水シートまで貼るのだそうです。
わが家の工事は真夏の炎天下ということもあって防水シート貼りは無理せず翌日にすることになりました。 

上棟が終わったらなんだか気がぬけてしまって、
まだ骨組みだけの家を眺めながらボーっとしていたら見上げた夕空にツバメがたくさん飛び交っていました。
あたかも上棟を祝うかのように。
って見えた(笑 
 
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ